neton コーポレートサイトへ

採用WEBマLabo

Google for Jobsとは? | サービスの特徴やIndeedとの違いを解説

最近のHR業界(採用業界)では求人媒体のほかに新たなサービスが次々と登場し、記憶が新しいものだと「Indeed」や「求人ボックス」といった求人検索エンジンがあります。

そして2017年6月にアメリカでリリースされ、2018年には12カ国以上(アメリカ・カナダ・インドなど)に展開している「Google for Jobs」がついに日本でも展開され話題になっています。

ここではそんなGoogle for Jobsについて詳しくご説明します。

Google for Jobsとは?

Google for Jobsは、「求人や転職などの求人情報を探していると想定されるクエリ(キーワード)で検索したユーザーに、検索エンジンの上部にあらゆる求人情報が表示される新しいGoogleの機能」のことです。

何か商品を探したりする際にキーワードを検索して商品を見つけるのと同じように、「大阪 介護」といったキーワードで検索すると、求人情報が検索エンジン上の決まった位置に表示されます。

検索結果一覧画面2
※これはGoogle for Jobsにより表示された求人です。

Googleは全世界のあらゆるウェブサイトをクロールして、検索エンジン上に表示していることはご存知の方が多いかと思います。

そしてGoogle for Jobsは、このGoogleのクローラーを活用して求人情報を読み込み、人工知能(AI)やディープラーニング技術をもとに検索ユーザーに最適な求人情報を表示することができます。

もう少しわかりやすくすると、Googleの検索エンジン上でIndeedと同じように求人情報を見れます。

Google for Jobsの特徴

Google for Jobsには、数多くのメリットがあります。

検索上位にいる必要はない(SEOの効果を受けない)

Googleでは検索上位に表示されなければユーザーに見てもらえません。

そのため多くの企業や求人媒体が上位表示をさせるためにSEO対策を行っています。

しかし、Google for Jobsは必ずしも検索上位にいる必要がなく、Googleのクローラーが読み取った求人情報を検索ユーザーの検索意図に沿った順に、検索順位に影響しない上部の位置に表示します。

大阪 介護 求人 Google for jobsイメージ
※SEOでのGoogle for Jobs表示イメージ

そのため、既に上位表示している求人媒体や企業が脅かされ、そうでない求人媒体や企業にとっては多くの求職者に見てもらえるチャンスが増えます。

Googleは検索結果を決めるため、200以上の検索アルゴリズムを使用しており、検索結果がユーザーそれぞれに最適なものとなるよう、日々アップデートを行っていますが、アルゴリズムの具体的な内容は明らかにされていません。

職種や距離、更新日等で絞り込むことができる

職種・距離などで絞り込める画面

これは検索結果に表示された求人情報を開いた画面ですが、左上に「距離、投稿日、形態、企業」などの項目があります。

この画面上では距離を選択しているので、検索した場所からの距離を絞ることができます。

そのため求職者は、自分の要望に応じた求人情報を探すことができます。

企業レビューも表示される

Indeedにもある企業レビューがGoogle for Jobsにも表示されます。

日本で企業レビューが載っているサイトといえば、転職会議やカイシャの評判、Vorkersなどがありますが、今後このサイトの中に記載されている企業レビューをGoogleが読み込み、Google for Jobsで表示されるかもしれません。

※各レビューサイトのGoogleクローラーの情報の読み取り設定次第なので、表示されない可能性もあります。

少なくとも現時点では、Googleのクローラーが情報を読み取ることを制御していないので、これらのウェブサイトに表示されている口コミやレビューは表示される可能性があります。

Google for JobsとIndeedの違い

以下3点において違いがあり、今後大きく影響するため採用担当者は詳しく知っておく必要があります。

  • Indeedよりも上位に表示される
  • 求人情報を直接作成することはできない
  • Googleに応募者管理画面があるわけではない

Indeedよりも上位に表示される

Google for Jobsの表示される位置は、リスティング広告エリアと自然検索エリアの間に表示されます。

Google for jobsのエリア

Indeedが表示されるのは基本的に自然検索エリアです。

よって、Google for JobsはIndeedよりも先に表示されるため、非常に多くのアクセスを集める可能性があります。

裏を返せば、Indeedにとっては大きな脅威となり、Indeedからアクセスが減少する可能性が非常に高いです。

これはIndeedだけでなく、他の求人媒体も同様です。

求人情報を直接作成することはできない

Indeedはウェブサイトを持っていなくても、Indeed内で求人情報を作成できるため、そのまま直接求人を出すことができます。

しかし、Google for Jobsは検索エンジンとして求人情報を集めて表示する機能に特化しており、求人情報を作成することができません。

Googleに応募者管理画面があるわけではない

Indeedにはサイト連携用と直接投稿用の2種類の応募者管理画面があります。

しかし、Google for Jobsは、求人情報を集めて表示するだけで求人情報の詳細を見る場合は、その求人情報が掲載されている企業サイトや求人媒体サイトにリンクしています。

そのため、応募する機能自体がなく、応募者を管理する必要がないので、応募者管理画面がありません。

よってGoogle for Jobsを求人媒体として考えるのではなく、ただ求人情報を見てもらうためのツールという認識するのがよいでしょう。

Google for Jobsに求人情報を表示する方法

自社サイトに入っている求人情報をGoogle for Jobsに掲載したい場合、構造化データマークアップを行う必要があります。

求人情報の構造化データマークアップ見本

<script type="application/ld+json"> {
  "@context" : "http://schema.org/",
  "@type" : "JobPosting",
  "title" : "Webコンテンツ・求人広告のライター募集中",
  "description" : "<p><業務内容></p>
   <p>自社のオウンドメディアや顧客インタビュー、及び、クライアントの求人広告原稿のライティング業務です。</p>
    <p>応募資格:学歴・経験不問・30歳くらいまでの方</p>
    <p>勤務時間:09:00~18:00 (時間応相談/シフト制)</p>
    <p>[加入保険]</p>
    <p>法定に準ずる(厚生年金 健康保険 労災保険 雇用保険 )</p>",
  "datePosted" : "2018-11-01",
  "validThrough" : "2018-12-31T09:00",
  "employmentType" : "正社員",
  "hiringOrganization" : {
    "@type" : "Organization",
    "name" : "株式会社ネットオン",
    "sameAs" : "https://neton.co.jp/"
  },
  "jobLocation" : {
    "@type" : "Place",
    "address" : {
      "@type" : "PostalAddress",
      "addressRegion" : "大阪府",
      "addressLocality" : "大阪市",
      "streetAddress" : "北区曾根崎新地1-1-49 梅田滋賀ビル4F",
      "postalCode" : "530-0002",
      "addressCountry": "JP"
    }
  },
  "baseSalary": {
    "@type": "MonetaryAmount",
    "currency": "JPY",
    "value": {
      "@type": "QuantitativeValue",
      "minValue": 220000,
      "maxValue": 450000,
      "unitText": "MONTH"
    }
  }
}
  "workHours": "<p>09:00~18:00 (時間応相談/シフト制)</p>
<p>[休憩時間]</p>
<p>1時間(12時〜13時)</p>" ,
</script>

※これらの構造化データマークアップは求人サイトや求人情報により書き方が変わりますので、あくまでもイメージです。

上記のようなソースとなるように、ウェブサイトの求人情報ページのソースを修正する意味合いを持ちます。

しかし、自社にウェブサイトを構築する知識のない企業だと対応させるのは難しいので、制作会社などに依頼をする必要があります。

もし自社でトライしてみようとお考えの方は、下記ページを参考にしてください。
【採用担当必見】Google for jobsに求人情報を掲載するための方法

Google for JobsとIndeedの両方に掲載する方法

IndeedとGoogle for Jobsもクローラーが検索上に表示している求人情報を集めて表示します。

しかし、表示しているだけでクローラーが読み取ってくれるわけではありません。

  • Indeedはガイドラインに沿った求人情報かつサイト連携を行う必要がある。
  • Google for Jobsは構造化データマークアップを行う必要がある。

さらに、Indeedはサイト連携をしても確実に読み込まれる保証はなく、表示をされない可能性も十分にあります。

そこで簡単にIndeedとGoogle for Jobsの双方に掲載できる方法があります。

それは「採用係長」という採用支援システムを利用することです。
※無料トライアルあり。

採用係長の公式サイトから転載

採用係長は、Indeedなどの求人検索エンジンに掲載するデザイン性の高い自社求人サイトが作れるということ、応募者管理がしやすいことなどを強みとして企業規模に問わず1万社以上の企業に利用されています。

この採用係長は常に進化を続けており、「求人ボックス」や「キャリアジェット」なども連携できます。

そして、2018年12月にはGoogle for Jobsへの対応を行い、Google for JobsやIndeedだけでなく、さまざまな求人検索エンジンにまとめて掲載できる採用マーケティングツールとなっています。

■詳しくはこちら
採用係長の公式ホームページへ

まとめ

Google for Jobsは今後のHR業界(採用業界)を左右する大きな変化をもたらします。

もちろん、採用をしていきたい企業にとって、採用媒体を選ぶために考え直さなければならないことも増えてくるでしょう。

Google for Jobsはあくまでも求人情報専門の検索エンジンで、求人媒体ではないという認識は忘れずに持っておくことを推奨します。

この記事を、採用媒体や採用方法の見直しの参考にしてくださいね。