neton コーポレートサイトへ

採用WEBマLabo

careerjet(キャリアジェット)とは?Indeedとの違いや掲載方法を紹介

Careerjet(キャリアジェット)はIndeedと同じ求人情報検索エンジンです。

しかし、機能まで全くと同じわけではありません。

今回は、Careerjetについてのこと、Indeedとの違いなどを詳しくご紹介したいと思います。

 

Careerjetとは?

Careerjet

Careerjetは、2003年6月にイギリスのロンドンで発足したCareerjet Limitedが運営している求人情報検索エンジンです。

知名度からするとIndeedよりも劣りますが、GoogleやYahoo等の検索エンジンで良く出ているため、求職者と求人応募企業は少なからずいます。

 

よって、様々な求人検索エンジンに求人情報を載せている企業にとって、ライバル企業が出していない可能性のある求人検索エンジンとして効果的な運用が期待できるかもしれません。

Careerjetでの求人情報掲載は有料広告のみ

この下に記載しているのは、Careerjetのホームページに記載されている言葉です。

キャリアジェットの本質は、これらの求人掲載元にトラフィックの送信を行なっております。
引用元:Careerjetの会社概要ページ

この言葉通りCareerjetは、直接求人情報を掲載する媒体として活動しているわけではありません。よって、直接求人情報を掲載したり、Indeedでいうところの無料掲載はできません。

ただ、求人情報を見ていると無料掲載されている求人情報があります。これは、Careerjetが独自で選んで出しているだけです。

Careerjetの利用方法は有料広告(スポンサーみたいなもの)のみと考えていただければよいでしょう。

有料広告の最低出稿金額の指定はない

Careerjetの有料広告に関しては、最低出稿金額に指定はありません。

Indeedはクレジットカード払いの時は最低出稿金額の指定はありませんが、銀行振り込みの場合は12万円からという最低出稿金額の指定があります。

想定ですが、Indeedよりも利用ユーザー数が少ないからかもしれません。

61ヶ国の求人情報をすぐに検索できる

日本版のキャリアジェットの画面

Careerjetは61ヶ国の求人情報をすぐに検索できるようになっています。

ただ日本語で検索できるわけではなく、その国の言葉で検索する必要があります。

留学や海外で仕事をしたい求職者にとっては非常に嬉しい機能といえるでしょう。

試しにアメリカの求人情報を検索してみた

まず「世界のキャリアジェット」をクリックして、「北アメリカのアメリカ合衆国」をクリックしてみるとこのような画面になりました。

アメリカ版のキャリアジェットの画面

次に、実際に職種と地名を入れて検索してみました。

全て英語で表示されていることが分かります。

アメリカ版で営業で検索した結果

日本にいながら世界の求人情報をひとつのサイトでできるというのは非常に珍しいサービスですね。

CareerjetとIndeedの違い

先ほど少しお伝えした内容にIndeedとの違いも出しておりますが、もう一度、CareerjetとIndeedとの違い分かりやすくシンプルに説明します。

  Careerjet Indeed
利用求職者数 少ない 多い 
利用企業数 少ない 多い
無料掲載 不可 可能
有料広告 可能 可能
最低出稿価格 設定なし 銀行振込は12万円から
(クレジットカードは設定なし)
競合性 低い 高い

比較内容を表にしてみてみると、違いがすぐにわかります。

ここからは大きな違いがあるところをまとめて、少しだけご説明させていただきます。

利用ユーザー数が少なく最低出稿価格の兼ね合いからCareerjetは応募単価を下げられる可能性がある

Careerjetは利用者が少ない代わりに競合性も低く、低予算で求人広告を出せる可能性があり、Indeedに関しては利用者も多くライバルも多いため広告予算はある程度必要になってくることが予想されます。

ただ、多くの求職者にリーチするのはIndeedの方なので、とにかく多くの求職者に見てほしいという方はIndeedに求人情報を出すのが望ましいです。

ただ、応募単価を下げやすいのは競合の少ないCareerjetです。少ない費用で求人広告を出すのであれば、Careerjetを選ぶのも良いかもしれませんね。

Careerjetは無料掲載ができないがIndeedは求人情報の無料掲載がある

最初の方でもお伝えしたように、Careerjetには無料掲載されている求人情報もありますが、基本的には無料掲載をする機能がありません。

※今無料で掲載されている求人情報はCareerjetが選んで出しているだけになります。

 

しかし、Indeedは無料掲載が可能ですが、無料掲載を依頼したからといって、必ず無料で表示されると言い切れるわけではないのが現状です。

かなり競合の少ない求人情報であれば、Indeedの見られやすい位置に表示される可能性もありますが、過度な期待はしないことをおすすめします。

それでも無料掲載したいと思う方は、Indeedの無料掲載方法をご紹介しておりますのでご覧ください。

⇒ Indeedに求人情報を無料掲載する方法

Careerjetの運用事例

ここで少し、Creerjetに掲載した際のデータと、Indeedのデータで比べてみようと思います。

  Careerjet Indeed
広告費 37,640円 739,095円
クリック数 138 4688
成果数 3 38
平均クリック単価 272.8円 165円
成果率 2.17% 0.66%
獲得単価 12,547円 15,019円

効率的に運用するために、広告費の割合が全く違いますが、見ていただきたいのは成果率と、獲得単価の2つです。

もちろん、Indeedも数値が悪いわけではないのですが、少額運用でIndeedを上回る成果を出せています。

成果率に関しては「3.29倍」、獲得単価に関しては「約17%減」となっています。

どうしてもIndeedだけに絞ると、求職者の数により逆に成果が悪くなる場合もあるので、Indeedを利用していない層を獲得するという意味ではCareerjetは最適な求人検索エンジンともいえます。

ぜひご参考にしていただければと思います。

まとめ

Careerjetは、Indeedと同じ求人情報検索サービスでも、日本での認知度がまだまだ低いこともあり、まだまだユーザー数が増える可能性を秘めた求人情報検索サービスとはいえます。

そうはいっても今すぐ求人情報を出すのであれば、多くの人に見てもらえるIndeedに出す方のほうが圧倒的に多いでしょう。

しかし、Indeedで使う予算の少しでもCareerjetにまわしてみることで、応募数を増やせる可能性は十分にあります。

 

ただ、CareerjetもIndeedも運用が大切です。ただ求人情報を出したからといって、求職者から応募が来るとは限りません。しっかりとデータを見ながら文章の見直しをしたり、場合によってはガイドラインを理解することも重要になってきます。

また自社で運用できる時間がない場合が代理店などに運用代行を依頼するのも視野に入れてもいいかもしれませんね。